top of page
検索

デジタル無形資産の時代が来た!

デジタル資産とは、デジタル形式で存在し、価値を生み出すために使用できるものです。 ソフトウェア、データベース、ウェブサイトなどの従来の無形資産だけでなく、暗号通貨、代替不可能なトークン、トークン化された不動産などの新しい形式のデジタル資産も含まれます。 デジタル資産は、既存の基準に基づく無形資産の認識および測定の基準に適合しないことが多いため、会計上の歪みの原因となります。




 「会計の歪み問題」:デジタル無形資産の資産性

会計の歪みとデジタル無形資産の間には関係がありますこれは、財務諸表が企業活動の経済的現実を反映していない場合に発生します。 会計の歪みは、収益と費用の不一致、資産と負債の過小表示または過大表示、企業間の比較可能性の欠如など、さまざまな原因から発生する可能性があります。 会計の歪みは、財務情報の質に影響を与え、投資家、経営者、規制当局、およびその他の利害関係者による意思決定を損なう可能性があります。


会計の歪みの一例は、デジタル無形資産に関連しています。 デジタル無形資産の例には、データ、アルゴリズム、プラットフォーム、ネットワーク、および人的資本が含まれます。 デジタル無形資産は、現在の基準では無形資産の定義または認識基準を満たしていないため、貸借対照表で認識されないことがよくあります。 たとえば、それらは会社によって識別可能、分離可能、または管理可能でない場合や、コストまたは公正価値の信頼できる測定値がない場合があります。 その結果、デジタル無形資産は、企業に将来の経済的利益をもたらす可能性がある場合でも、発生時に費用処理されることがよくあります。



 デジタル無形資産の資本計上の可能性


会計基準は現在、有形投資と無形投資を異なる方法で扱っているため、財務諸表に偏りが生じています。 有形の投資は貸借対照表に記録され、無形の投資は損益計算書に記録されます。 これは、株主資本利益率 (ROE) などの財務指標の歪みや、企業価値の不当表示につながる可能性があります。 会計基準は現在、デジタル企業が無形資産への投資を資本化することを許可していません。つまり、無形資産の価値は会計および財務報告から除外されていますこれは、無形資産の信頼性と価値関連性に関する研究につながりました。研究では、有形資産と無形資産の価値関連性に違いがあることがわかっています。 全体として、会計基準は、現代のデジタル経済における有形から無形への投資への移行に追いついておらず、財務指標の歪みや企業価値の不当表示につながっていると言えます。



【出典】


 EBITDAのAmortizatonとは何か?


Amortization(アモタイゼーション)は、文脈に応じて異なる意味を持つ用語です。金融機関なのでは、アモチ=借入金の元本返済を意味します。 本稿では「無形資産の減価償却」に適用される会計概念として焦点を当てます。


無形資産とは、特許、商標、営業権、顧客リストなど、ビジネスにとって価値のある非物理的な資産です。 建物や設備などの有形の資産とは異なり、無形の資産は物理的な劣化によって損耗したり、価値が失われたりすることはありません。 ただし、テクノロジー、市場の状況、または法的規制の変化により、時間の経過とともに時代遅れになったり、無関係になったり、価値が低下したりする可能性があります。


したがって、会計基準では、企業は耐用年数にわたって無形資産を償却する必要があります。 これは、無形資産を取得または作成するコストを、それから利益を得ると予想される期間に割り当てる必要があることを意味します。 そうすることで、資産の費用とそれが生み出す収益を一致させ、その真の経済的価値を財務諸表に反映させることができます。


最も一般的な償却方法は定額法で、無形資産の原価を推定耐用年数で割る方法です。 たとえば、企業が耐用年数が 10 年の特許に 100,000 ドルを支払った場合、10 年間で年間 10,000 ドルを償却します。




アモタイゼーションは、事業の損益計算書と貸借対照表の両方に影響を与えます。 損益計算書では、アモタイゼーションにより、事業の純利益と1株あたりの利益が減少します。 貸借対照表では、償却により無形資産の帳簿価額が減少し、累積償却勘定が増加します。


アモタイゼーションは、事業にとって税務上の意味合いもあります。 無形資産の種類と性質に応じて、償却は税務上控除できる場合と控除できない場合があります。 控除可能な償却は、事業の課税所得と納税義務を軽減します。 非控除償却は、事業の税務ポジションに影響を与えませんが、帳簿上の収入と課税所得との間に差を生じさせます。


アモタイゼーションは、企業が正しく理解して適用するための重要な概念です。 無形資産の価値を測定して報告し、会計および税法に準拠するのに役立ちます。



 EBITDAと会計の歪みによるゲーム的状況


会計の歪みは、このEBITDA にあるアモタイゼーションに関連しています。アモタイゼーションとは、無形資産のコストを耐用年数にわたって体系的に配分することです。 EBITDA は、利息、税金、減価償却費、および償却前利益を表します。 これは、収益性とキャッシュフロー生成の一般的に使用される疑似的なFCFです。 懐疑的な因子であるために、アモタイゼーションをマイナスする前のEBITDAを用いることで、本当のFCFからリスク因子を取り除き、しかも、簡単に計算できるのがEBITDAであり、疑似的FCFとして重宝されるに至ったのです。このように、EBITDA とアモタイゼーションは、さまざまなレベルの無形資産を持つ企業の業績を比較するためによく使用されます。 ただし、EBITDA と償却は、無形資産の真の経済的価値を捉えていないため、誤解を招く可能性もあります。 たとえば、EBITDA は、利益率が低い企業が持つ未償却無形資産を過大評価することで、収益性を過大評価させることができます。 逆に、高収益事業を持つ企業が、高水準の償却済み無形資産を持つことで、その企業の収益性を過小評価する可能性があります。


したがって、デジタル無形資産の会計的解釈には、その性質と価値創造の可能性をよりよく反映できる新しいアプローチが必要です。 考えられる解決策には、のれんやその他の無形資産の減損テストに関するガイダンスを提供するASC 350など、デジタル無形資産の資産性を認識および測定するための新しい規則または規制の開発が含まれます。 デジタル無形資産の性質、リスク、利点に関する開示を強化すること、 デジタル無形資産の価値評価法または指標を使用するなどの合理性を示したうえで、一部の企業では、従業員のデジタル スキル、知識、ノウハウを人的資本レポートの一部として開示しています


デジタル資産の会計処理は、学者、実務家、基準設定者、規制当局、および財務情報のユーザー間の協力を必要とする、複雑で進化し続けるトピックです。 デジタル資産の会計処理の課題と機会に対処することで、デジタル時代の財務報告の品質と関連性を向上させることができます。


 人的資本開示の現状と課題


人的資本とは、組織における人材の知識、スキル、能力などの無形資産のことです。人的資本は、組織の競争力や持続可能性に大きく影響する重要な要素であり、その価値を最大限に引き出すためには、適切な投資やマネジメントが必要です。しかし、人的資本は有形資産と違って目に見えないものであり、その測定や評価は容易ではありません。そこで、人的資本に関する情報を内部や外部に開示することが求められるようになってきました。




人的資本開示とは、組織が自らの人的資本に関する情報を公表することです。人的資本開示には、内部開示と外部開示の2種類があります。内部開示とは、組織内の関係者に対して人的資本に関する情報を提供することであり、組織の戦略や目標に沿った人材マネジメントを行うために役立ちます。外部開示とは、組織外の関係者に対して人的資本に関する情報を提供することであり、組織の価値や責任を伝えるために役立ちます。


人的資本開示のメリットは、以下のようなものが挙げられます。

  • 組織内では、人的資本の現状や課題を把握し、改善策を検討したり、優秀な人材を確保したりすることができます。

  • 組織外では、投資家や顧客などのステークホルダーからの信頼や評価を高めたり、社会的貢献やサステナビリティへの取り組みをアピールしたりすることができます。

しかし、人的資本開示には、以下のような課題もあります。

  • 人的資本に関する情報は多様で複雑であり、その定義や測定方法には一貫性や標準化が欠けています。

  • 人的資本に関する情報は機密性や個人情報保護などの観点から開示しづらいものもあります。

  • 人的資本に関する情報は変化しやすく時代遅れになりやすいものもあります。

そこで、人的資本開示を行う際には、以下のようなポイントに注意する必要があります。

  • 人的資本開示の目的や対象者を明確にし、必要かつ十分な情報を選択します。

  • 人的資本開示の方法や形式を工夫し、情報の可読性やアクセシビリティを高めます。

  • 人的資本開示の内容や品質を検証し、情報の正確性や信頼性を確保します。


 人的資本開示の現状:米国と日本の事例比較


デジタル無形資産は、ソフトウェア、データ、特許、ブランド、組織資本など、企業の生産性と競争力を高めることができる非物理的な資産です。 人的資本は、企業の従業員の集合的なスキル、知識、および能力です。 このブログ投稿では、人的資本としてのデジタル無形資産の可能性の観点から、米国と日本の事例を比較します。


米国はデジタル革新のリーダーであり、デジタル無形資産の大規模でダイナミックな市場を持っています。 コラードらによる最近の研究によると(2020) によると、デジタル無形資産は、1995 年の 7.6% から 2018 年には米国 GDP の 11.6% を占めました。この調査では、デジタル無形資産が米国経済の労働生産性と全要素生産性にプラスの大きな影響を与えることもわかりました。 さらに、米国には起業家精神とリスクテイクの強い文化があり、デジタル無形資産の作成と普及を促進しています。


一方、日本は、デジタル無形資産を人的資本として開発および活用する上で、いくつかの課題に直面しています。 日本は物的資本と研究開発への投資レベルが高いが、デジタル無形資産への投資レベルは比較的低く、コラードらによると (2020)によると、デジタル無形資産は、1995 年の 3.2% から 2018 年には日本の GDP の 4.4% しか占めていませんでした。この調査では、デジタル無形資産が労働生産性と全要素生産性に及ぼす影響は、日本は米国より少ないことがわかりました。 日本にはより保守的で階層的な文化があり、デジタル無形資産の革新と採用を妨げる可能性があります。


 日本の人的資本開示の課題


人的資本としてのデジタル無形資産の可能性に関して、米国と日本の間には大きなギャップがあることがわかりました。 米国はデジタル無形資産の作成と活用において明らかな優位性を持っていますが、日本はデジタル無形資産への投資と制度的環境を改善する必要があります。 これは、両国の将来の競争力と成長に重要な影響を与える可能性があります。





Comentarios


bottom of page